abozoの日々を、abozo newsとして、勝手に綴っていきます。1年の2/3はフィリピン・ダバオで遊んでます。だから、まだ”ぷち移住”。完全海外移住はあと20年後かな?今は、年4回日本出張して、しゃかりきに仕事もしてますよ!! でも、人生遊ばないとソンソン!でしょ! 
[122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112
 台風30号のフィリピンでの被害は、徐々にその全貌が分かってきて、とてつもなく大きなものになりそうだ。
 

 昨日の日経新聞によると、死者は5000人超(死者5209人、行方不明者1611人、計6820人)となり、昭和34年の伊勢湾台風の被害:死者5098人を超える被害規模となった。
 フィリピンは、まだまだ発展途上国、だから昭和30,40年代と一緒!という方も多くいるけど、もし同じくらいの発展レベルであると仮定すると、当時の日本の被害以上となる。

 さらに、今後の捜索によっては、阪神淡路大震災は死者6437人という巨大な災害であったが、それをも上回る規模になりそうである。

 恐らくフィリピンの被災地は、復旧には時間が相当かかるだろうと思う。ましてや復興は望み薄ではないだろうか?

 それを予見してか?多くの人々はセブへマニラへと避難している。それは一時避難では無く、新しい生活基盤をそこで見出そうということのようだ。

 日本と違って、世間体をそれほど考えないフィリピン人にとっては、スクワッター(不法占拠者)になったとしても、なんとか生き延びれるセブやマニラが良いと思うのであろう。
 レイテ島タクロバンやサマール島オルモックでは被災者支援の物資は漸く届いているようだが、復旧となると、???疑問符しか付かないようだ。

 とにかく時間がかかるだろう。
 というのは、国家が非力だからだ。
 それを見越して、逃げる!人が後を絶たないのも頷ける。

 また宗教によって、施しを受け与えるというのは普通のこととしているから、社会が助けてくれるという気持ちは強い。貧しくともなんとかなる、なんとかしてもらえるというふうに考える。
 常夏だから、住居、衣服等も最小限で済むこともある。だから、なんとか食っていけると思っている。

 とはいうものの、ホントに可哀想だね。台風被害も、その後の復旧も、セブやマニラに逃げてもだ。

 おいらは、実際のダバオでの人々の生活を詳しく知っているからだ。あそこに台風が来たと思えば、容易に頭の中でシミュレーションが出来るからだ。
 レイテはもっと貧しいから、より大変だろうか?







 今話題のLCCってのは、飛行機だけじゃ無いよ!

123 de LCC.jpg

http://tabacco123.com/ 

格安たばこ=LCCは、

たばこエージェント123でね! 

覗いてみて下さい。 

http://tabacco123.com/ 

拍手

COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
プロフィール
HN:
abozo
HP:
性別:
男性
趣味:
旅、写真、ガジェッツ、ゴルフ、他
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
P R
忍者カウンター
コガネモチ
Copyright (C) 2020 abozo news All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie